COLUMN 不動産売却の流れ 不動産の売却ってどうするの?そんな疑問を徹底解説!

売却相談
STEP 1売却相談

不動産売却についての相談、専門家によるアドバイスを行います。

次のステップへ
物件確認・調査・査定
STEP 2物件確認・調査・査定

物件の状況、環境を確認し。市場調査、事例を基に査定いたします。

次のステップへ
媒介契約
STEP 3媒介契約

売却の意思が固まりましたら、媒介系契約を締結いたします。

次のステップへ
売却活動
STEP 4売却活動

不動産業者は様々な媒体を通じて物件を告知し、購入者を探します。

次のステップへ
営業活動報告
STEP 5営業活動報告

営業活動の状況、問い合わせ状況などの報告を行います。

次のステップへ
売買契約
STEP 6売買契約

購入希望者が見つかったら、調整を行い、売買契約を締結いたします。

次のステップへ
引き渡し準備
STEP 7引き渡し準備

決済、引き渡しの準備を行い、住宅ローン等の抵当権がついてる場合は末梢する準備が必要です。

次のステップへ
決済・引き渡し
STEP 8決済・引き渡し

物件が決まりましたら購入のお申込みを頂きます。

  • お気軽にご相談ください。

    ご希望のお部屋・土地・
    建物探しをお手伝い
    いたします!

  • メールで問い合わせる

    お問合せフォームへ

    翌営業日中に、メールまたはお電話でお応えいたします。

Question.1

共益費(管理費)って?

A共同住宅などで,居住者がともに利益を受けている外灯・エレベーターなど共用部分の維持・管理のために支出する費用のことです。

Question.2

敷金・礼金って?

A敷金とは、家賃の滞納や部屋を引越すときに、修理が必要になったときなど、この”敷金”から差し引いて 修理費用がまかなわれます。礼金とは、大家さんに対して、「部屋を貸してくれてありがとう」と言った意味があり、このお金は戻ってきません。

Question.3

仲介手数料って?

A借りる人、貸してくれる人の間に、不動産屋が入り、契約がスムーズに成立するように助けてくれる、そのときのお礼で、不動産屋に支払うお金です。

Question.4

家財保険(火災保険)って?

A「入居者様の家財が火事で損失した場合」の家財保険と「入居者様がうっかり火事を出してしまい建物に損害を与えてしまった場合」の借家人賠償責任特約で構成されています。お部屋の契約には必須です。

Question.5

保証会社って?

A借主の連帯保証人を代行する会社です。一般の保証会社と信販系の会社とがあります。保証会社と契約するにあたって、連帯保証人が必要な場合もあります。

Question.6

更新って?

Aお部屋の契約は普通借家契約であればほとんどが2年間です。2年後、契約を更新して賃貸借契約を続行します。その際、賃料の見直すこともあります。更新事務手数料がかかる場合もあります。

Question.7

初期費用って?

A契約時に支払う合計金額のことです。内訳は、敷金/礼金/ハウスクリーニング費/前家賃/仲介手数料/保証委託料/家財保険料などです。物件資料に記載がありますが、詳しく確認したい場合は不動産屋さんのスタッフに聞いてください。

Question.8

間取りの意味は?

A 間取りの詳細については以下の通りです。
1K
居室1部屋とキッチン
(キッチンは4.5畳以下)
1DK
居室1部屋とダイニングキッチン
(キッチンは4.5畳以上)
1LDK
リビングダイニングキッチン1部屋
(8畳以上)と寝室1部屋
2K
居室2部屋とキッチン
(キッチンは4.5畳以下)
2DK
居室2部屋とダイニングキッチン
(キッチンは4.5畳以上)
2LDK
リビングダイニングキッチン1部屋
(10畳以上)と寝室1部屋、その他1部屋
3K
居室3部屋とキッチン
(キッチンは4.5畳以下)

Question.9

無職・未成年・学生は借りられる?

Aまったく借りられないわけではありませんが、選択の幅はかなり狭くなります。無職の方の場合、保証会社または管理会社の審査が通れば借りられます。未成年または学生の方は、親権者が契約者になるケースが多いです。

Question.10

ペットは飼える?

Aペット飼育可能とあるお部屋であれば飼えます。ほとんどが室内犬1匹までです。猫を飼いたい場合、選択の幅が狭くなります。また2匹以上飼う場合も同様です。ウサギやハムスター、カメ、鳥もペットの部類に入ります。まれにペット飼育NGのお部屋で飼っているケースがありますが、契約違反となり解約をしていただくことになりますし、退去時の補修等で請求額が高額になる場合があります。絶対に内緒で飼育はしないでください。

Question.11

お部屋探しはいつから始めるの?

A申し込みから契約開始は、原則2週間以内とされております。しかし、退去前のお部屋や修繕前のお部屋も多く紹介されておりますので、もう少し柔軟になっているのが現状です。なので引っ越し時期の約1ケ月前くらいから探し始めると良いでしょう。不動産屋さんに詳しく「〇月後半までには引っ越したい」等伝えていただけると、見合うお部屋を紹介してもらえますよ。

Question.12

ホームページに
掲載していない物件ってある?

A基本的には、退去のご連絡をいただくとすぐにホームページに掲載します。申し込みが入るとホームページから削除します。ごくまれにですが大家さんや管理会社から「来店したお客様にのみ紹介をしてほしい」等の依頼があるとホームページには掲載しません。

Question.13

ライフラインの開設ってどうすれば?

A電気と水道の開設には立会いは必要ありません。(空室期間が長い物件だと立会いが必要なケースもあります)ガスの開設は立会いが必要です。お部屋にガス会社のスタッフがお邪魔して開設を行います。その際、ガス会社のスタッフに冬期間の水抜き方法を確認してください。※ガスの開設時には電気と水道は開設されているようにしておいてください。また、ガスの開設日より水道の開設日を早くすると、給湯器から水漏れしていたり給湯器の湯抜き栓が空いている場合に水漏れして水道料金が多額になることがあります。できる限り水道とガスは同日に開設するようにしてください。

Question.14

引っ越した際の、役所の手続きは?

A共同住宅などで,居住者がともに利益を受けている外灯・エレベーターなど共用部分の維持・管理のために支出する費用のことです。
郵便物の転送
郵便局にて転送手続きを行うと、1年間は旧住所あての郵便物が新住所に転送されます。運送会社のメール便など、郵便物ではない送付物については、この手続きでは転送できません。送付元の業者に住所変更を伝えます。
運転免許証
新住所の警察署で住所変更を行います。現在お使いの免許証と、新住所の住民票を持参しましょう。
自動車の登録変更
自動車を駐車する住所の管轄陸運局にての手続きです。厳密には、変更があってから15日以内に行いますがやらなくても車には乗れます。ただ、もし車を売るまたは廃車にするときに面倒なことになるのでやっておいたほうがいいと思います。引っ越した先が旧住所のナンバーを管轄する陸運局(運輸局・支局)と異なる場合は、ナンバープレートも変更になります。原付(50cc〜125cc)は、役所で住所変更が可能です。
愛犬の登録
旧住所の役所で廃犬届(住所変更)を提出し、新住所の役所で旧鑑札を渡し、再登録の手続きを行います。

Question.15

引っ越しの際、隣近所への挨拶って?

A集合住宅の場合は両隣と上階(下階)の方に、一戸建ての場合は向い3軒と両隣の方に挨拶に行くのが一般的といわれております。挨拶の内容は「引っ越し作業でお騒がせして申し訳ありません」というお詫びと「これからお世話になります。よろしくお願いいたします」というご挨拶です。ただ、近年はさまざまな犯罪もありますので、女性の一人暮らしの場合は地域とのつながりより防犯を最優先したほうが良いかもしれません。それでも近隣の方とは、いざという時のために顔見知りになっておいたほうが良い場合もありますので、敷地内で顔を合わせたときに「こんにちは」と挨拶を交わしておくべきでしょう

Question.16

駐車場にとめていた車に
いたずらされたら?

A『物件内(駐車場を含む)での入居者同士、近隣住民とのトラブル等については貸主・管理会社は一切関知しません。』等、契約書に記載があるので、すぐに警察に連絡してください。

Question.17

駐車場(敷地内)の雪かきって?

A『駐車場(敷地内含む)の除雪・管理等は各自で行うものとする。』等、契約書に記載があるので入居者様にてお願いいたします。

Question.18

冬期間の水抜きって?

A冬期間は水道管が凍ってしまう可能性があります。そこで全ての蛇口を開け、水が流れている状態で水道の元栓を閉め水道管に残っている水を出し切って水道管の凍結を防止します。水抜きをしないで水道管が凍結した場合、解凍費用や万が一水道管が破裂した時の修繕費用は入居者様負担となります。引っ越しの際のガス開設時に、ガス会社のスタッフに水抜きの方法を確認してください。また給湯器の凍結を防ぐため、冬期間はブレーカーを下げないでください。

Question.19

入居中、設備が故障したら?

Aすぐに大家さんまたは管理会社に連絡してください。

Question.20

退去するときは?

Aお部屋の解約がきまりましたら、仲介した不動産会社か大家さんまたは管理会社に連絡をしてください。賃料については物件によって【連絡をした日から1ヶ月の賃料がかかる】【連絡をした日の翌月1ヶ月分の賃料がかかる】等さまざまです。連絡を入れたときに確認すると良いでしょう。また、解約日までに【退去立ち合い】をします。荷物をすべて搬出し空っぽになった状態で、大家さんまたは管理会社がお部屋にお邪魔して行います。ライフラインのストップは入居者様にてお願いいたします。簡易水洗のお部屋のときは、解約日に汲み取りしてもらうよう依頼をしてください。(汲み取り料金は入居者様負担です)